普段着のカリグラファーSao


by uncial
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

自由が丘 Ma Fille SARASA

今日は渋谷にて、カリグラフィーのお勉強教室の日。
今復習している書体がけっこう好きな書体なので、
自宅での練習にも身が入る。なんてことじゃいけないんだけど…。
他の書体や課題にももっと積極的にならなくちゃ…。
その書体は、インシュラー・マジャスキュール。6~9世紀にかけて作られた、ケルト三大手書き写本「ケルズの書」「ダロウの書」「リンデスファーン福音書」に使われている書体。とても古いんです。文字の形を見ただけで、ケルト文化を彷彿とさせる、神秘的な雰囲気を持つアンシャル体に似た書体です。インシュラー・ハーフアンシャルと言われることもあります。

と・・・。
今日の日記のメインテーマはこれではなく(笑)、教室の後、仲間たちと自由が丘へ繰り出し、フレンチのランチを食べたよ~ということです。
自由が丘の一等地にお住まいの先輩おすすめのレストラン。地元人ならでは、知る人ぞ知る、というところにあるフレンチレストランでした。
「Ma Fille SALASA」(マ フィーユ サラサ)」です。

大人の隠れ家的レストランで、オーナーシェフは六本木や青山などのレストランで料理長をつとめたベテラン。調理は全て一人で行っている、こだわりの料理が食べられます。パンもデザートも自家製。店内の雰囲気も明るく落ち着いた感じ。テラスもあります。
フレンチだからといって、堅苦しいものではなく、特にランチはこの内容でこの値段でいいの?というものでした。

オードブル、自家製パン、季節のポタージュ、メインディッシュ、デザート、コーヒー メインは魚か肉をチョイス。私は肉を選びました。だってポークだったんですもーん。

オードブルは、江戸前アナゴとなすのミルフィーユ仕立て、マデラ酒としょうが風味
d0037951_11535878.jpg



ポタージュはセロリのクリームスープ。私、セロリ大嫌いなんですが、このスープはおいしかった!クリームがうまくセロリの独特の臭み?を包んでまろやかな味になっていました。

メインの豚肉料理は、2種類の味。山百合豚のローストとコンフィ。とーーーーってもおいしかった!マイブームの一つでもある豚の角煮みたいな♪
d0037951_21195247.jpg


ついでに魚の方も撮らせてもらいました。こっちもおいしそう!マダイのバジルソースです。

d0037951_21203950.jpg


パンはおかわり可♪しっかりいただきました。

そして最後はコーヒーと、ジェラート&苺のカスタードパイ♪あ~もう幸せ~♪(笑)
d0037951_21232615.jpg


一品一品出てくる、ランチフルコース仕様の上、シェフが一人だから、サーブものんびり。
たまにはこんな風にゆったりとランチもいいものです。あ~お腹いっぱい!

また行きたいな!
[PR]
by uncial | 2006-01-31 21:27 | グルメなこと