普段着のカリグラファーSao


by uncial
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

チェロは人の声

私の妹は、10年以上前からチェロをやっています。
時々いろいろなセッションやグループ、楽団に参加して、演奏会を開いています。
けっこう上手なようで、いつもチェロのパートトップになっては他のメンバーを引っ張っているようです。

先日の日曜日、そう、カリグラフィー作品展の最終日と同じ日の昼間、近くのヤマハホールでチェロだけの演奏会がありました。それに妹も参加するとのことで聴きに行きました。
第一部の前半は、ヤマハ音楽スクールのチェロ3ヶ月コースの生徒さんたちの演奏。
初めて間もない人から何年も経験している人まで、レベルはさまざま。

後半は妹が出演する、アマチュアとプロのコラボレーションです。
プロは4人。皆さんすばらしい経歴の持ち主です。
さすが、3ヶ月コースの皆さんの音とは格段に違う音とハーモニーです。
私が座った位置からは、妹はほとんど見えず・・・と思ったら、2曲目で席を交代、よく見えるようになりました。

第2部では、プロ4名によるアンサンブル。
管楽器や弦楽四重奏などもありますが、楽器の大小、種類が違うなどの組み合わせで作るハーモニーだけど、チェロは音域が広からチェロだけでアンサンブルができる・・・。
だからすばらしい、と、一人のチェリストが言っていました。
なるほどね~。

チェロの音は人の声に近いと言われます。
優しく穏やかでソフトな音色だと思います。
決して派手じゃないし華々しさもないけど、
なかなかいい楽器を選んだものだ、妹も。
[PR]
by uncial | 2006-11-27 23:33 | アートなこと
昨日、銀座で開かれていた「グループING カリグラフィー作品展10」が終了しました。
たくさんの方々がご来場され、販売用カードもたくさん買っていただきました。

最終日の昨日は、搬出や打ち上げパーティがあるので、ほとんどの作者が大集合!
会場地下のレストラン「LINTARO」のパーティフーズや、頂き物のお菓子などを準備して、シャンパンでお疲れ様~の乾杯。
初回から出展している人たちを集めて写真を撮ったのですが、意外な人もその中にいたり。
10年続けるって、簡単なようだけどすごいことだなぁ。
ちなみに、私は2回目から参加しています。

一番楽しみにしていた、小田原先生への共同作品贈呈。
そう、あの共同作品は、小田原先生へ感謝の気持ちをこめて最後に差し上げる、というものだったんです。もちろん先生には内緒、トップシークレットでした。どこかから情報が漏れるかなぁと思っていたけど、先生には伝わっていなくて本当にびっくりされていました。
世界でたった1冊の作品アルバムとなりました。
うらやましい~、レプリカでいいから欲しいかも・・・。

今年の私の作品は、表現したかったことが観ていただいた方々にちゃんと伝わって、それが自分に聞こえてきたというのが本当に嬉しくて、めずらしく達成感、満足感のある作品となりました。

私は販売用カードを50枚ほど出させていただいたのですが、最終日を待たずに完売となりました。ほんとうにありがとうございました。

終わってホッとしたのもつかの間、12月に展示販売する作品を作らなくてはいけないのです。
箱根の富士屋ホテルさんに置かせていただくことになりました。
詳しくはまた後日、ブログとホームページでお知らせします。

さ、またがんばらなくちゃ!
[PR]
by uncial | 2006-11-27 12:55 | アートなこと

群馬温泉旅行 その1

ちょっと前、友人Nちゃんと温泉旅行に行ってきました。
今回は、ずっとずっと行きたかった、群馬は万座周辺です。
そう、にごり湯や白濁湯に入りたかったんです。

旅程を立てようと、万座周辺の地図を見ていると、軽井沢や草津温泉が近いことがわかり、
しかも紅葉が見ごろ。これを逃す手はないと、近くにちょこっと紅葉ハイキングができるところがないかなと探してみると、妙義山という奇岩で有名な山を発見。鎖を使っての岩のぼりがあるみたいだけど、小学生の遠足でも行くようなところと書いてあったので、まずそこでちょっと汗を流してみることにしました。

d0037951_0432874.jpg


私はプチ高所恐怖症なので、大丈夫かなと思ったけどまったく問題なし。
すっごい楽しい!Nちゃんはちょっとおっかなびっくりで、
聞いてないよ~怖ぁ~いと叫ぶNちゃん。
事前にガイドブックなどに載っているくさり場の写真を見せたつもりだったんだけどなぁ。
がんばってくさり場をクリア。その先にはきれいな景色と紅葉が待っていました。

d0037951_043556.jpg


ちょっと冒険しちゃった山歩きを終え、宿を取った嬬恋までの途中軽井沢を通るので、
なんともったいない、ランチをとるためだけに軽井沢に寄ることにしました。

その途中に突然現れためがね橋。まるでローマ水道のよう。
思ったより巨大でちょっとびっくり。ここの上って歩けるんだね。

d0037951_0454496.jpg


先を急いでいたのでここは写真だけ撮ってすぐ出発。

釜焼きのピザがおいしいと評判のイタリアンレストラン「スコルピオーネ」に入り、ピザマルゲリータとスパゲティ、そしてケーキも食べちゃいました。このあとお宿でおいしい夕飯が待っているというのに・・・。
軽井沢はまさに紅葉が見ごろ。きれいでした。雲場亭というお気に入りのお店にしたかったけど、残念なことにお休み。また今度ね。

d0037951_0462815.jpg


さぁ、お宿で温泉とご飯が待っているから、急ぎましょう!
[PR]
by uncial | 2006-11-24 00:54 | 旅なこと

グループING展 初日

昨日は、ING展の初日でした。
私は夕方から会場の当番だったけど、作品をゆっくり見てそれから係りをと早めに会場入り。
2階に入るとすぐにカード販売のコーナーがあり、
そこにまるでバーゲン会場のような人だかりが。
す、すごい…。
すぐ奥に飾られている立体の共同作品が見えないくらい。
盛況だということは、うれしいことです。

そのコーナーに販売されていた小田原先生のタオルは、個数限定。
それが飛ぶように売れていきます。
私が1階の担当から2階に上がった夕方5時半には、もうすでにタオルは完売。

後で買う予定だった方々には申し訳けございません。
カードもクリスマスカードがよく出るようで、
在庫からの追加も数回ありました。
カードの売り上げは、一部が子供に関する某施設に寄付されます。
ご協力いただければ幸いです。

2日目の今日はどんな様子なんでしょう!?!?
夕方4時以降が比較的すいていて、ゆったり観ることができるようです。
まだ始まったばかり。無事終了しますように・・・。
[PR]
by uncial | 2006-11-22 14:26 | アートなこと

明日からING展

今日、搬入&展示をしてきました。
私は共同作品の担当だったので、そちらにかかりきりでしたが、
なんとか組み立て完了しました。

2フロアに飾られた額装の作品たち。
見ごたえ充分です。

このところ、寝るのが3時過ぎという日々が続いたので、
タフな私もさすがに今日はヘロヘロ。
最終日まで倒れるわけにいかないので、
気を張り続けなくては。

みなさん、見に来てくださいね。
そしてカードや作品集もたくさん買ってくださいね(願)

会場でお会いできるのを楽しみにしています!
[PR]
by uncial | 2006-11-20 21:53 | アートなこと

準備に大わらわ

今月は、日記やホームページの更新が滞ってしまってすみません。
来週から始まるカリグラフィー展の準備に追われてしまって、
こっちまでなかなか手がつかなくて・・・。
先日行ってきた温泉旅行記もあるんですよね。
それと、先月買付けてきた商品のアップができないのが今一番気がかり。
クリスマスのものもあるから、早くしないといけないんですが・・・。
展示会が始まってしまえば時間ができるので、
輸入文具はもう少しお待ちください。

さて、グループING カリグラフィー作品展 10は、いよいよ来週の火曜日からスタートです。
作品集や手作りカード、小田原先生の限定品販売もあります。
今年は1階と2階の2フロア。間違えて2階だけ見て帰らないでくださいね~。
さあ、私の作品はどこに飾られるでしょうか。
そしてどんな作品でしょう?
お楽しみに!

詳しくは過去のブログかアトリエあんしゃるのホームページで。

さ、今日と土日ですべて仕上げなくてはっ!!
(もしかして2日間徹夜か?(T T)
[PR]
by uncial | 2006-11-17 12:35 | アートなこと
初級駆歩チャレンジレッスンを、燕クンで受けてきました。
常歩や速歩はそつなくこなしたんだけど、駆歩になるとちょっと問題が。
前の馬が駆歩をスタートすると、変な風に跳ねて内側に入ってしまう。
駆歩のスタート時には、ぐっと一度頭を下げるのが気になりました。
様子が変だ、ということで、残り5分ぐらいのところで一旦降ろされ、
指導員が乗ってみることに。。。
すると、やっぱりグングンガンガン内側を向いたりムラがある動きをする・・・。

結局、馬場の内側でレッスン終了を待って、みんなが出てから一人でレッスンを受けることになっちゃった。
一頭になると、これがまた何の問題もなく駆歩をしてくれて、一人で広い馬場を駆歩できる、なんていう気持ちの良い居残りレッスンとなりました。

レッスン内容。
コーナーを曲がる時に、内側の手綱を引いて馬の目を内側に向けさせ、内側の踵を当てながら横滑りするように通過する・・・。
やってみるとすんなり動いてくれました。指導員にも褒められて、この動作はよくできました。
これを常歩と速歩でもできるように練習。
次に、軽速歩、つめた速歩、そして正反動、駆歩と続きました。
駆歩になるまではうまくいっていたのに。

やっぱりそろそろ3級取得の話が出ました。
う~ん、来月から休会しようかと思ってるんだが。
8万円もするすっごいかっこいい乗馬ブーツまで薦められてしまって。。。
もちろん買いませんでした。
もしも3級を取得できたら、自分へのお祝いに買ってもいいかな、
なんて思っていたけれど・・・。
[PR]
by uncial | 2006-11-13 22:09 | 乗馬なコト
あ~ずいぶんと日記更新があいてしまいました。
ずっと忙しい&外出が続いていたので・・・。

さて、行きたかったこの美術展、やっと行くことができました。
損保ジャパン東郷青児美術館での開催です。
もう終了しちゃったんですね、この展示会。

詳しい解説などはガイドブックや他のサイトなどに多く紹介されているので、
ここでは私個人の感想を書きますね。

ひさしぶりにいい名画が揃っている美術展に来られたな、という良い印象が残りました。
中でも、静物画のすんばらしいこと!
いろいろな素材をリアルに描き分ける技術、すごいです。
金属の冷たい質感、ガラスの透明感、レースの繊細さ、布の柔らかさや厚み、陶器のつややかさ、植物の葉や花びらの生き生きとした色、肌のなめらかさ・・・。
あげたらきりがありません。
思わずキャンバスに顔を近づけて見入ってしまいました。
きっと、口をポカンと開けてじーーーーっと見ていたに違いありません(^ー^;

特に記憶に強く残るものとして・・・
ルーベンスの「三美神」の肌。あまり人物画や裸婦画に見入ることはないけど、この絵にはやられました。写真や画像では感じられない透明感や体温まで感じられる表現が見られるのは、実物を間近で見るからこそです。

d0037951_9451071.jpg


マルティン・ファン・メイテンス
「女帝マリア・テレジアの肖像」
これも人物画だけど、やっぱり服や装飾品の質感の表現がすごい。
どうやったらこんな風に描けるの?と、近づいて見ても油絵具が確かに乗ってるのはわかるものの、簡単のため息ばかり。

d0037951_9525813.jpg








ローベルト・ルス「ペンツィンガー・アウの早春」
d0037951_107571.jpg

風景画もすばらしいものがありました。この絵はかなり大きなものです。
枯れ木を映す地面の水溜りは、本当にそこに水があるかのよう。
細かい枝の描写や、奥行きのある画面に吸い込まれそう。
まるで自分がその場面にいるかのような錯覚も。

他の作品もすばらしかった!
木々の葉や空の透明感、月の明かりに照らし出された港の風景、噴火するヴェスヴィオ火山から流れ出る熔岩の強烈な熱さや粘度まで、それらの絵からしばらく動けなくなるくらい、どれも素敵な作品ばかりでした。

来られてよかった!
[PR]
by uncial | 2006-11-13 10:10 | アートなこと

ステーキ丼@停車場 

またまた、本八幡の停車場で食事する機会がありました。
シーフードドリアにようか、ステーキ丼にしようか、迷ったけど、
朝と昼のご飯をあまり食べていなかったので、夜くらいはボリュームあるものにしようと、
ステーキ丼をオーダーしました。

まずは、カップのクリームスープ
次に、トレイに3皿が乗って出てきました。
ほうれん草のおひたし、ミニサラダ、ステーキ丼
甘めのコクがあるタレがからむお肉がたっぷり乗り、
バターを落としてコクをプラスした丼は、
お米一粒、最後の最後までおいしくいただけました。私好みの味♪
最後はもちろん、クーポンを携帯で掲示して、パンプキンプリンで締め。
今日のプリンには、前回なかったパンプキンの絞り(?)が3箇所、
ちゃんと添えられていましたよ。

会計の時、お店の人に、何回か来ていて、
おいしいのでメニューをひとつずつ制覇するつもりです、
と話すと、嬉しそうに、またいらしてくださいね、と笑顔で答えてくれました。

次はシーフードドリアかアジアンカレーのシーフードかな~。

d0037951_23472010.jpg

(暗い上に携帯のカメラで撮ったので、画質がいまいちでごめんなさい)
[PR]
by uncial | 2006-11-04 23:49 | グルメなこと
今日は曇りで涼しく、スポーツにはちょうどいい気候でした。
なんとか週1で通う乗馬にも、気持ちがいい頃になりました。

今日のレッスンは初級馬場。
選定はシアトルフレーム。
以前に1度乗ったことがあるけど、どんな子だったか忘れちゃった。

馬場に連れてくるまでは、とてもおとなしい子だったけど、
鞍に乗ると首をブンブン上下に振って、手綱を取られてちょっとてこずりました。
でも、拍車がいらないほど反応がよく、とても楽しく乗れました。

レッスンの内容は
常歩~元気のいい常歩~軽速歩~正反動
のくり返し。

スピードを上げる時は、踵ではなく騎座で推進させることを優先しましょう、
でした。
次にムチ、次に踵、の順番で合図を送ってみる。
この騎座の使い方は、褒められました。
反応がいいシアトルだったからかな?
軽速歩の時、膝をもう少し伸ばしてと注意。

軽速歩は、軽快な速歩と詰めた速歩を使い分けられるように、とのこと。
指導員が試乗すると、すごい、さすが、ハミをちゃんと受けて馬のアゴがぐっと下がる。
かっこいいなぁ。

レッスンが終わって帰ろうとすると、今日の指導員●野川さんが、

「今日の馬、よかったどうだった?よかったならシアトルフレームで3級受けたら?
もう問題なく初級レッスンも受けられているし、そろそろ3級取得レッスンも受けましょう。
じゃ、来週から。」

あ、ちょ、ちょ、来週はちょっと早すぎますって。
そ、そうねぇ、4級をとってから目標がなかったし、初級レッスン受け始めよりもテンパることもなくなったから、そろそろいいかなぁとは思っていたけど・・・。
ボチボチ考えようかなぁ。
[PR]
by uncial | 2006-11-02 20:24 | 乗馬なコト