普段着のカリグラファーSao


by uncial
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブラティスラヴァ世界絵本原画展

d0037951_22314978.jpg


先日、三鷹で開催中の「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」へ行ってきました。
スロヴァキア共和国の首都、ブラティスラヴァで開かれる世界絵本原画展が今年も日本にやってきました。
今年で20回目です。

去年は浦和で開催されていた時に行ったのを思い出します。
その時は日本人がグランプリを取ったんだっけ。

たいていは印刷されたものよりも原画の方がだんぜん良いことが多いのですが、今回の出展の中にもありました。
印刷された雰囲気と原画の雰囲気がまったく変わってしまった・・・。
色だけじゃなく、雰囲気まで変えちゃって…あぁ。

絵本の原画の色はとてもきれい。
今回のグランプリ受賞作「黒鉛筆と赤鉛筆」も、黒と赤の鮮やかさが印象的でした。
黒を鮮やかだと感じるのも珍しいかも。
絵本に使われる赤は、いつもきれいな赤だなぁと思って見ているのだけど。

d0037951_22325152.jpg


展示してある原画の印刷本が置かれていて自由に見ることが出来るようになっていて、
気になる「ゾエがおかしな発音をした日」も探したのだけど、
これはない、とのこと。う~ん残念でした。

チェコの戦前から戦後にかけての貴重な絵本も置かれていました。
また、肉屋のポスターでは、ぶたちゃんがおちゃめにポーズをつけてるイラストが、とてもシュールだったり…(笑)

最後の展示室を出ると、展示作品のひとつが大きく引き伸ばされて顔出し記念撮影用として置かれていました…。
で、さっそく…(笑)

d0037951_22272069.jpg

[PR]
by uncial | 2007-02-21 22:33 | アートなこと