普段着のカリグラファーSao


by uncial
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

桃狩り2008 その1

今年も行ってきました桃狩り

天気がこれまた不安定な山梨へ。
朝早く出発したにもかかわらず、なんと今日ったら帰省のスタート日だった!
いやぁ~~~進まないったらもうっ!!!
八王子ICの料金所のゲート手前でピタ!
ゲートを出た先が詰まっているので、ゲートから先に進めないのだ。
うわ~ん(。>_<。)
もうちょっとでETC割引の対象時間帯内にすべりこめると思ったのに!
もう15分早く出ていれば・・・と、言っても後の祭り。

先頭はなにしてたの?と思うくらい、相模原を越えたあたりでスイスイ走り始めました。
ふぅ~。

今回は、南アルプス市で桃狩り。
完熟フルーツこだわり探訪
というのに参加を申し込みました。
ジャム作り、フルーツ狩り、カフェまたはランチ、の3つのお楽しみがあります。
私達はスイーツとドリンクのカフェコース。

まず最初に、工房で指導を受けながら、自分でジャムを作って瓶詰めまで体験します。
10個くらいの完熟桃の皮を剥いて細かく角切り。
それにピューレをまぜて煮詰めます。
d0037951_21544367.jpg

砂糖を600g(!!!)どどどどどっと入れ、さらにぐつぐつ。
入れたとたん、艶と透明感が出ました。
さらに、灰汁を取りながらさらに煮詰めます。

このあたりで、外は大雨&雷がすごいことに!
がーーん!
この後桃狩りなんですけどーーー(TOT)

だいぶスタッフに手助けしてもらいながら、いいトロミになったところで瓶に入れます。
小瓶に10個分と半端が1個。
できた~~~!
d0037951_2155972.jpg

その半端分は、クラッカーを出してくれて味見。
あったかいできたてジャム、おいし~♪
隣ではまるまる1個の桃がシロップ漬けになったコンポートを作っていました。
桃狩りとカフェを終えた最後に、完成したジャムを受け取ります。

フルーツ狩りでは、認定フルーツマイスターが案内する農園で、おいしいフルーツの見分け方やもぎ取り方を伝授してくれます。
収穫せずにぎりぎりまで木で熟した、新鮮もぎたてのフルーツを味わうことができます。

工房を出た時には大雨だったんだけど、送迎車に乗って桃狩り農園に向う途中で降ったり止んだり。
桃狩り農園に着いたときには小降りになっていて、なんとか桃狩りをすることができました。
3個のもぎとりです。食べ放題じゃないのね。

d0037951_2155459.jpg

その場で1個食べてみました。おいし♪
種類は長生白桃です。
実は少し固め。でも皮ごと食べられる食感のしっかりした桃でした。
おいしい桃の見分け方を教えてもらい(これが翌日に役立った)、自分でもぎ取り。
持ち帰るのに箱が3個用しかなくて、2個だと動いて傷んじゃうなぁ、と農園のおにーさんが1個おまけしてくれました。アリガトー♪

送迎車を降りる時、マイスターのおじさんが珍しい桃をくれました。
蟠桃(ばんとう)という、揚子江地域が原産の原種に近い中国原産の桃です。

d0037951_21562375.jpg

生産者が少なく、幻の桃と言われています。
形は、平たくて中心が凹んでます。
西遊記にも「不老長寿」の果物として登場するそうです。
完熟していて、桃の甘い香りが漂ってきます。
甘くておいしい!
皮剥いて、そのままハンバーガーみたいに横からパクパク食べられちゃうね。

今度はカフェでスイーツ。
好きな飲み物を選んでスイーツを待ちます。
ハート型のタルトに桃がたっぷり♪ 甘さもほどよく、紅茶でもコーヒーでも合いそう。
d0037951_21565082.jpg

けっこう大きいので、お腹いっぱい!
いつの間にか雨が止んでいました。
雨のお陰で気温がぐっと下がり、涼しくなりました!

工房へ戻り、さっき作ったジャムの瓶にシールを貼ります。
d0037951_21572229.jpg

Myジャムのできあがり♪

作ったのを全部もらえると思ったら、2個だけなんだって~~。
あとは1瓶300円だかいくらかで買取り(売店では500円くらいで売っているそうだ)。
えーーっ、残ったのはどうするの?
売れないだろうし・・・。ん~~。

さっきの珍しい桃、蟠桃が買えないかスタッフに聞くと、
電話して聞いてくれました。
なんと、ここに持ってきてくれて、この桃もゲットすることができました。

桃づくしの数時間でした。
[PR]
by uncial | 2008-08-12 20:56 | 旅なこと